こんにちは!大分県宇佐市に拠点を構え、ケーブル加工などを手掛けている北大加工株式会社です!
弊社が取り扱っているケーブルとハーネスは、どちらも電線であることには変わりませんが、実は細かいところで差異がございます。
今回のコラムでは、ケーブルとハーネスの違いについて解説してまいります。

1.形状の違い


ケーブルは、複数のワイヤーを被覆に包んでまとめた多芯電線のことをさします。
被覆はシースと呼ばれ、その種類によってさまざまな耐性を持たせられるため、屋外で使用されているケースも多く見られます。
それに対し、ハーネスは単体もしくは複数のワイヤーの末端を、あらかじめコネクタなどによって端子処理を行い、他の機器にワンタッチで接続できるようにした電線のことをさします。
機器と機器の間を瞬間的に接続する時に多く用いられます。

2.つくり方の違い

ケーブルとハーネスは製造方法にも違いがあります。
ケーブルは、数十本単位のワイヤーをシース被覆装置で束にしますが、その外側に連続的にシースを成型して、時には数百メートル規模までリール状にして製造します。
一方、ハーネスにはワイヤーやケーブル、用途に応じてフラットケーブルといった電線が用いられます。
大きな違いとしては前述の通り、末端を着脱可能なコネクタを取りつけていることですが、取りつけの際には工具で圧着したり、ハンダ付けで焼きつけたりするなどの加工を加えます。

新規スタッフ求人募集中!


弊社は産業ロボットなどに使用する、ハーネスやケーブルの製作加工に携わる製造業者です。
現在、サービス規模の拡大中につき、新たな現場スタッフや製造管理をお任せできる責任者の方を求人募集中です。
未経験者でも正社員としての雇用で募集しており、土日祝は全てお休みですので、収入もプライベートも充実した毎日を送れます。
ものづくりに興味をお持ちの方は、採用情報ページより、ぜひご応募ください!

ご依頼お待ちしております!

北大加工株式会社で製造している部品は、いろいろな場所で活躍する機械やロボットに採用されております。
その信頼性は非常に高く、同じ業界で長く活動されている大手企業さまからもご好評いただいております。
平成30年に創業したばかりの弊社ですが、確かな技術力と柔軟な対応力には自信があります。
機械部品やロボットパーツをご所望の方は、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください!
皆様からのご依頼を心よりお待ちしております!

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


ケーブル加工・ハーネス加工は大分県宇佐市の北大加工株式会社
北大加工株式会社
〒879-0441 大分県宇佐市吉松285-1
TEL:0978-25-5802  FAX:0978-25-5682
※営業電話・セールスは固くお断り